国内の医療水準の均一化を

日本は世界的にみて医療水準が非常に高いといわれています。
しかし、実際には、国内の医療水準には、地域間に差、はっきり言えば、都会と地方に大きな差があります。
都会では大学病院をはじめとした最先端の機器と治療法、そして精鋭のスタッフがいます。
地方では、そもそもスタッフが集まらず、外来診療すら満足におこなうことができないケースもあります。
医療は人の命にかかわる以上、他のサービスのように都会は便利、地方は不便で済ますわけにはいかない問題です。
都会であっても地方であっても、同じ水準のサービスが受けられるように国が責任をもって整備をはかるべき問題です。
それができないならば、せめて地方の拠点に確実にスタッフを配置し、機器についても高水準なものを配置することが必要です。
これらは、確実に財政負担が生じますし、それを維持するにも費用がかかります。
しかし、現在のように地方再生を目玉に据える以上は、避けては通れない問題だと思います。

患者様の心情を第一に考える大阪の中絶相談所
まずはご相談にご来院なさいませんか?

山本眼科医院は白内障手術の説明会を定期的に開催しています

痛みが少なく済む歯科治療

プラナ治療院のホームページ

ブラッシング指導を行う久地駅すぐのきむら歯科
小さなお子様が自分で磨けるように丁寧にお教えします

最新記事

  • 日本国内で私たちが医療を受ける場合、皆保険制度のおかげで70歳未満は3割負担、70歳以上の高齢者の方 …

    続きを見る

  • 国内で医療を受けるときは、健康保険を提出して、個々に定められた割合の一部負担金を支払います。

    続きを見る

  • 国内の医療に携わる職業は、たくさんありますが、その多くは昔から人材不足であると言われています。

    続きを見る